ごあいさつ
 本校は大正7年に都城産婆看護婦学校として開設されてから100年を超える、歴史のある看護学校です。現在都城市北諸県郡で就業する看護師、准看護師約3,800名のなかにはたくさんの本校出身者がおり、さまざまなところで活躍しています。
 都城市北諸県郡医師会は当地の病院・医院で働き、地域医療に貢献してくれる看護師を養成するため本校を運営してきました。現在新校舎の建設中で、平成31年2月に竣工の予定です。

 最近よく耳にする言葉に人工知能(AI)というものがあります。なかにはAIに取って代わられる職業などを並べた書籍も目にします。しかしAIは数学だけで成り立っているそうで、弱点があります。それは創造することです。看護という行為は患者さんの身体や心の状態を把握したうえで、解決策を創造することです。そのためには基礎となる知識や技術が必要であることは言うまでもありません。これからさらなる高齢化の時代を迎え、看護職の必要度、重要性は増すばかりです。

 皆さん、伝統ある本校に入学し、友と語り協力しながら資格試験、国家試験合格を目指しませんか。人が喜んでくれると自分も同じくらい嬉しい、そんなあなたの入学を待っています。


移動 、幅: 、高: